ぬこブログ

ニンギョウがニンギョウ

西尾維新のニンギョウがニンギョウを読了。
スゲェサイコな内容なので、読めない人は確実に読めない部類。
用意された朝食が五年間鉛の鍋で煮詰めた(本人の)脳髄のスープだったとか、
それに対しての感想が「どうりで頭が軽いと思った」とか。そんな感じの本です。
まぁなんというか、えらく概念的な話なので、楽しめる人は楽しめる。無理な人は無理だが。

ちなみに、インターネッツでの評価は半分以上が「意味不明」と評価。
残りはその意味不明具合を楽しんだ人間だと思われる。
西尾維新は伏線消化を完全にはしないから楽しいんだよな。
戯言あたりから入って「どうせ今回もラノベだろ」とか安易に買って批判する奴が多いから困る。
個人的には楽しかったからまぁいいか。

とりあえず知人周辺には希望者がいれば貸し出す予定だが、
買ったり借りたりした奴は責任持って最後まで読めよ?
[PR]
by nemuru-noracat | 2006-02-20 01:53 | 書籍関連
<< 飯食いに行きました 因果応報っちゅうか何ちゅうか >>



味噌汁をミソスープと言う人間を粛清したいブログ
カテゴリ
全体
中の人について
雑記
東方
TW
スグリ
書籍関連
SS
紹介・感想
未分類
以前の記事
無断リンクとか主に無断リンク
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧