ぬこブログ

カテゴリ:書籍関連( 4 )

真下ジャナイヨ

犯罪交渉人峰岸英太郎(5)を読了。
最終巻だったんで感想とか紹介とか。

第一巻が出たのが2001年の12月。
第五巻が出たのが2006年の1月。
わりと一冊出るのに時間のかかる漫画でした。
何でかといえば、雑誌が雑誌だから。
連載していた雑誌は別冊ヤングマガジン。
私の記憶に間違いがなければ、隔週で出てる雑誌だったはず。
微妙な発行部数の雑誌でひっそりと連載されてた漫画なので知ってる人も少ないはず。
「知っているぞ!そう、確か作者は紀伊孝とか言ったな!! 変な名前だっただからよく覚えて いるぞ」
とかいう素敵な人はひっそりとコメントしてくれればひっそりと嬉しがります。ひっそりと。

内容としては、主人公峰岸英太郎が犯人と交渉する話。
いや、まんまだけどまんまなんですよ。
ただ、タイトルの似ている映画「交渉人 真下正義」とは違ってちゃんと交渉します。
あんなぬるい映画とは同じようには括って欲しくないクオリティーですよ。
しっかりと犯人と交渉人との心理状態が描かれているし、
どの発言がどういったことを狙っての物なのかもわかりやすい。
「ネゴシエーター」という職業をしっかりと描写できていると思われる。
ただ、絵に少々癖があるかもしれない。表紙を水彩?で書いたりするので、その辺はご愛嬌。
癖といったって上に書いた「知っている~」の元ネタほどじゃないからキニスルナ。荒木先生は偉大です。

個人的にはわりと好きな漫画だったので、完結したのは残念でもあり嬉しくも思う。
変に続けてグダグダになるより、こういった終わり方のほうが好ましかった。

冊数が少ないので興味を持った人は買ってみることをおススメするが、
大きめの本屋に行かないと無い可能性が高いあたり、損している気がしてならない。
[PR]
by nemuru-noracat | 2006-04-07 00:16 | 書籍関連

痛快爽快トリガーハッピー?

ブラックラグーン5巻を読了。
相も変わらず最高にカコイイ漫画をありがとう。
ショックアップのリメイクとかもしてくれないかなぁ・・・しねぇか。

どんな漫画か知らない人はブックオフに走れ。今すぐ走れ。

私信:ミュウツーとかマジ懐かしいな。
    普通に勝てるから普通にレベル上げれ。
[PR]
by nemuru-noracat | 2006-03-18 23:44 | 書籍関連

ニンギョウがニンギョウ

西尾維新のニンギョウがニンギョウを読了。
スゲェサイコな内容なので、読めない人は確実に読めない部類。
用意された朝食が五年間鉛の鍋で煮詰めた(本人の)脳髄のスープだったとか、
それに対しての感想が「どうりで頭が軽いと思った」とか。そんな感じの本です。
まぁなんというか、えらく概念的な話なので、楽しめる人は楽しめる。無理な人は無理だが。

ちなみに、インターネッツでの評価は半分以上が「意味不明」と評価。
残りはその意味不明具合を楽しんだ人間だと思われる。
西尾維新は伏線消化を完全にはしないから楽しいんだよな。
戯言あたりから入って「どうせ今回もラノベだろ」とか安易に買って批判する奴が多いから困る。
個人的には楽しかったからまぁいいか。

とりあえず知人周辺には希望者がいれば貸し出す予定だが、
買ったり借りたりした奴は責任持って最後まで読めよ?
[PR]
by nemuru-noracat | 2006-02-20 01:53 | 書籍関連

終わりのクロニクル(7)を

読み終わりました。
ライトノベルとしてはキチガイな分量でした。
実に一般ライトのベルの4~5倍ほど。堂々の1091ページです。
そんでもって堂々のフィナーレです。
あえて感想は言わないでおきましょう。私が言葉にすると陳腐なものになるので。
気になる人は書店へゴー。ライトノベルの新刊コーナーにおいて、浮いている本があればクロニクルです。確実に。
値段は税込み1249円と、お手ごろさとエレガントさが感じられません。
是非手にとって「でかっ!」とか「これなんて辞書?」とかの川上作品に対する賛辞を挙げてください。

ちなみにかかった時間はアバウト4時間くらい。厚さに比べれば異例なハイペース。最高にハイってやつだッ!
[PR]
by nemuru-noracat | 2005-12-09 18:49 | 書籍関連



味噌汁をミソスープと言う人間を粛清したいブログ
カテゴリ
全体
中の人について
雑記
東方
TW
スグリ
書籍関連
SS
紹介・感想
未分類
以前の記事
無断リンクとか主に無断リンク
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧